示談についての相談

一番難しいのが、示談交渉です。これを個人でするのと弁護士に相談するのでは、値段が倍以上に違う可能性があるということです。加害者の保険会社に任せたままにしてしまっていては、もしかすると被害者側が損してしまうかもしれません。

まず、損害賠償の金額をきちんと決めてもらいましょう。損害賠償の金額の基準は、自賠責によるものと任意保険によるものもありますが、これらで決定する金額は被害者側にとっては少ない可能性があり、損してしまうことにもなりかねません。これを救ってくれるのが弁護士です。過去の事故の事例などをもとに、適正と取れる金額を提示してくれます。

被害者側の人間は、けがをしているなど、精神的に不安定になっています。これではものごとを冷静に決めることが難しくなってしまいますし、ただでさえ不慣れな状況では、相手の保険会社にうまく言いくるめられてしまうかもしれません。客観的に考えてくれる味方をつけておくという面でも、弁護士は信頼できる存在です。できるだけ交通事故に精通した弁護士を探して依頼するとよいでしょう。事故解決の実績があればあるほど、被害者の強い味方になってくれます。

金額面などで心配なところはあるかもしれませんが、任意保険でまかなうことができたり、示談金が倍以上になる可能性があったりすることを考えれば、高すぎることはありません。心配であれば、無料相談などを行ってくれるところに連絡してみましょう。