交通事故は弁護士に相談

交通事故にあってしまったら、急なトラブルにとまどってしまい、いろいろな判断が遅れてしまうかもしれません。まず怪我の治療が先決であり、手続きも手早くすることが難しくなってしまいます。しかしながら交通事故というのは軽くても立派な事件であり、損害賠償や慰謝料をもらってしかるべき事案です。こうしたことは加害者側ときちんと話し合って決めていかなければなりません。

そこでおすすめなのが、事故にあってしまったらできるだけ早く弁護士に相談するということです。たいしたことでなくても、きちんと相談しておいたほうが、あとで面倒なトラブルにならずに済みます。

弁護士に頼むことに関しては、たくさんのメリットがありますが、一番の理由としては、被害者が損にならないような判断をしてもらえるというところにあります。警察の事情聴取は加害者を中心に進むので、被害者の意見が後になってしまい、結果不利になってしまう可能性があるからです。これを避けるには、専門家の意見が必須になります。

特に弁護士に依頼を頼んでおきたいタイミングが、けがの治療などが発生したときです。治療を受けた際には診断書を作ってもらう必要があります。これは損害賠償や慰謝料に影響するところだからです。この診断書を適切に作ってもらえているかを見てもらうのがよいでしょう。病状をしっかりと伝えなければ、加害者にもはっきりと慰謝料の請求をすることができません。治療をしている最中はショックやパニックで落ち着かないかもしれませんが、早めに弁護士に依頼しましょう。